橘甲会ブログ

2018.08.08更新

平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら、8月11日(土) ~ 8月15日(水)を当会夏季休業とさせていただきます。

上記期間中は、お問合せ等への対応ができかねますこと、ご承知おき下さいませ。

ご不便おかけいたしますが、ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

投稿者: 医療法人橘甲会

2018.08.06更新

先日、入浴剤と間違って洗剤の「アタック」を入れてしまい風呂の中がどエライ泡だらけになり、まだ風呂に入ってなかった嫁からのアタックを食らった橘甲会セブンライトです (・ω<) テヘペロ

健康!!してますかーーー!!!(`;ω;´)モワッ

いやー、だって入浴剤と一緒に袋の使い切りタイプの洗剤置いておくなんて絶対「罠」じゃないですか?(実は自転車用のジャージを風呂場で洗う為に自分で用意してたヤツなんですがねw)

「何でもそうやって思い込みで決めつけるアンタがアホやねん!!」って・・・Orz

・・・まぁ、確かに確認もせずに入れた僕も悪かったとは思うんですが、正直全く疑いもせずに入浴剤だと思って入れました。

当たり前だと思っている事、そうである筈!という思い込みは本当に視野を狭くしちゃいますよね(;´∀`)

閑話休題・・・

さて、当会スタッフは技術職、事務職に限らずよりスキルや知識を高める為多種多様な勉強会等に参加させていただいております。今回はそういった取組について知っていただきたく、記事にさせていただきました。

画像1

会場である日本消化器予防センターです。この日は6階会議室にて講習会が行われました。

画像2

会場は、技術、知識を高める為に集まった方々の熱気に包まれています。

画像3

寝ずに(当たり前ですねw)しっかり学んで参りましたよ!!

この日はX線技師の、新たな技術の認定を受ける為の講習会でした。レントゲンの撮影方法、機器の管理、統計学、読影について等、講習を受けながら協議を行い、模擬試験等も交え当会技師達は技術と知識を研鑽してきました。私たちは健診機関として毎日多くの方に受診していただいておりますが、今のやり方が本当に受診者様の健康に寄与出来ているのか?これが正しいんだ!という思い込みに陥り視野が狭くならぬよう、技術スタッフ、事務スタッフ一丸となり日々精進して皆様の健康と共に歩ませていただく所存です。

・・・っと、今日もそれなりにうまい事纏まったわーっと、自画自賛した所で最後はやっぱり宣伝で締めて綺麗に終わりまーす( ̄ー+ ̄)キラリ

せーの!!! 大阪で健康診断なら医療法人 橘甲会にお任せ!!(`・ω・´)ゞビシッ!!

ここまで読んでいただき有難うございました!次回も是非お楽しみに!!

投稿者: 医療法人橘甲会

2018.07.27更新

未だに凹んで余り元気のない橘甲会セブンライトです。。。(´・ω・`)ショボーン

健康してますかーι(´Д`υ)

第一段階は否定、第二段階は怒り、第三段階は取引、第四段階は抑鬱、第五段階は受容・・・これはアメリカで精神科医として活躍したキューブラー・ロスさんが提唱したモデルで、自分では受け入れがたい現実に遭遇した時の人間の心の過程を現します。

ああ・・・わかるわー・・・自分がこんなんなるなんてほんま信じられへんかったわー・・・セブンライトは傲慢なので「怒り」の段階が長く、それをエネルギーに無理を通そうとしましたが、無理なものは無理でした。お蔭様で今でも受容できず抑鬱状態←(アホ)。だから、こうして記事にするのも自身に「受容」を促す為なのかも知れないなぁっと思う今日この頃であります。

 

・・・えっ?それじゃこのブログ記事はてめぇが自分の為にやってる事じゃないか?って・・・ファイナルアンサー?

 

・・・デケデケデケ♪(´・ω・`)

 

・・・・・・デケデケデケデケ♪(´・ω・`)

 

・・・・・・・・・・デケデケデケデケ♪(´・ω・`)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・正っ解っ!!m9(・∀・)ビシッ!! 

いやっ!!タイムリーですしっ!!ちゃんと皆様のお役に立ちたいと思って記事にしてますよ。ホントだよ・・・(; ・`д・´)

 

・・・閑話休題・・・

 

さて、冗談は置いておいて、上記で心の過程に段階があるように「熱中症」と呼ばれるものにも段階があります。先ずはそちらからご説明させていただきます。

熱中症

      ~大阪市労働局HPより引用~

 

~病態理学に基づいた国際分類と主な発生原因~

熱失神・熱痙攣 Ⅰ度:発汗による脱水により塩分、ミネラルの不足。末端血管の拡張によって脳への血管の循環量が不足した場合に発生する。

熱疲労     Ⅱ度:発汗に水分、塩分等の補給が追い付かず、脱水症状(体内の水分、ミネラル【主にナトリウム】)が不足)になった時に発生する。

熱射病     Ⅲ度:Ⅱ度から進行し、視床下部(脳の自律機能を司る総合中枢)まで障害が起き、体温調整機能を失われた時発生する。

と、言われております。では、セブンライトが当日倒れるまでのプロセスを見てみましょう。

 

前日  ~ 3:30から1時間半程トレーニングして出勤。夜にアルコールを摂取した為、ジョグ。帰宅後、特に水分補給せず。

4:30 ~ 扇風機もかけずに室内トレーニング(自転車を室内で漕ぐ装置にて)

      約1キロ弱の体重変化を記録。炭酸水250mmを接種。

6:00 ~ 犬の散歩へ。一緒に走り回って大量に発汗。

7:00 ~ パン屋で朝食(サンドイッチ、水分はパックの野菜ジュースのみ)

8:00 ~ レースに備え整骨院にてテーピング、コンディション調整。

10:30 ~ 買い出し(この時点で身体がふわふわし始める)

11:30 ~ 昼食、パスタ、サラダ等。コップ2杯のキンキンに冷えた冷水。

12:00 ~ 炎天下、暑い室内でレース用機材の準備、積み込み等(頭痛が始まる)

13:00 ~ 車で出発。(手足がやたら過敏に)

13:10 ~ 眩暈で視界が暗転。運転出来なくなり、唇が真っ白。

13:15 ~ 気分が悪くなり嘔吐。大量に発汗し動けなくなる。木陰で20分休憩。

13:35 ~ 再び出発。10分もしない内に再び気分が悪くなり嘔吐。外に出て木陰で倒れ15分程休憩し再出発。

14:05 ~ 三度目の嘔吐。腹痛も起きて更に気持ち悪い。この頃から身体が冷たくなり身体中真っ白(嫁さん談)に。全く動けなくなり木陰で気を失う。

16:10 ~ 目が覚める。汗も出ない。何か飲めば直ぐ吐いてしまう。手足の感覚が薄い。もうレースに間に合いそうにないので諦めて帰宅。

17:00 ~ 帰宅後、激しい嘔吐。シャワーを浴びて経口補水液を時間をかけて少しづつ接種、脇と後頭部にアイスノンを置いて横になる。

19:00 ~ ちょっと元気になる。お粥を口に出来た。

 

如何でしたでしょうか?

さて、色々悪い所は目白押しに見えますが具体的にどういった所が特に悪く、どう対策を取っていれば良かったのでしょうか?次回はそういった辺りから熱中症の原因を考察していきたいと思います。

 

でぇぇぇは、ちゃんと受容出来た所でいつものヤツを折角なのでテンションアゲ目でいきまぁぁぁーーす!!

 

大阪でぇぇぇーーー健康診断ならぁぁぁーーーー

医療法人にぃぃ 橘甲会にお任せぇぇ・・・・ぇぇぇぇっ!!

yeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeah!!!ジャッスティィィィッス!!!!(`・ω・´)ゞビシッ!!

 

ここまで読んでいただき有難うございました!次回も是非お楽しみに!!

投稿者: 医療法人橘甲会

2018.07.23更新

めっちゃ凹んでます・・・橘甲会セブンライトです・・・

健康・・・してますか?(ノД`)シクシク

毎年ターゲットにしていたレースが7/21~22にあったのですが、道中に急な熱中症なのか、激しい嘔吐、痙攣を起こしてしまい会場までたどり着く事も出来ずレースをリタイヤしました。セブンライトの人生でこういった経験は初めてです。

確かに暑さに弱い方ですがまさか自分がこんな目に遭うとは・・・年のせいなのかなぁ・・・・

その時は視界がグルグル回り、真っすぐ歩けず、本当に命の危険を感じる程でした。月曜の今でも指先に若干の違和感があります。

今、列島各地でも猛烈な暑さが続いており、熱中症による被害のニュースが後を絶ちません。さて今回はニュースやテレビ番組でも散々取り上げられてる話題ですが「熱中症」が起こるメカニズムや対策について記事にしたいと思います。

ゆきかぜ

 「暑い時はクーラーの効いた部屋で一日寝てたらいいんだよ!」 人間はそんな訳にはいかないんだよ!ヽ(`Д´)ノ

まだまだ暑さが続きますので少し巻き気味(早目に)で記事にして皆様のお役に立てればと考えております!(真剣)

では、今回は新たなテーマを発表したのでこの辺にしていつものやつで締めます~

大阪で健康診断なら医療法人 橘甲会にお任せ!( `・∀・´)ノ

ここまで読んでいただき有難うございました!では次回もお楽しみに!!!

投稿者: 医療法人橘甲会

2018.07.04更新

先日ストレスの爆発から「俺はロ〇6で一発当てて大金持ちになってやるぜー!!」と意気込み、3千円分もクジを購入し、全滅して余計にストレスが溜まった橘甲会セブンライトです!! ヽ《 ゚Д゚》ノ  ゴラアァァァァ!!!!!

健康!!してますかーーー!!!(#・∀・)クッソー!

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぃぃぃぃ!!!!せめて6等200円ぐらい当たれや~!!ヽ(`Д´#)ノ ムキー! !当たり数字隔たりすぎやろーーーー!!俺のんだけ避けたんちゃうんかーーー!?!?!

 

・・・はっ?!

 

すいません、取り乱しました・・・

もう閑話休題って事で(笑)

 

 

さて、話はセブンライトの自慢話に変えますねヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

先日、広島で2日間行われた実業団レースに於いてセブンライトは入賞して参りました。

表彰台

まぁ、表彰台の下だったんですが(苦笑)

競った相手はみな20代の伸びしろしかない選手達ばかりでおじさんには本当に辛かったです(苦笑)ここから先、自分はまだ成長出来るのか?そういう不安があったりします・・・

ただ、最近はトレーニングに関する科学的なアプローチが進んでおり、効率良くしんどいトレーニングをする事が出来ます。例えば昔のスポコン漫画のように足腰を鍛える為にうさぎ飛びを行うだとか、根性を付ける為に水を呑まずにトレーニングをやり続けるとか、そういうナンセンスな事ではなく、有酸素運動と無酸素運動の組み合わせの負荷、時間で狙った能力を伸ばす事が出来るようになりました。そういったトレーニングはネットを検索すれば専門のコーチ等が居なくても誰でも知る事が出来ます。・・・まぁ、効率が良いだけで決して楽ではないんですが(汗)

VO2MAX

    日々のトレーニングはコツコツ記録し、身体能力を数値化してモチベーションにしています。

当会で健康診断を受け、改善すべき数値が見つかった方の中には「いや、異常値って出てるけど身体に特に不調を感じひんし大丈夫、大丈夫!」と思われてる方もおられると思います。健診結果の異常値というのはその時はなんの不調を感じなくても「毎日コツコツ」身体にダメージを与え続け、やがて病気という形で表に出てきます。ネットにも健康になる為の情報は溢れていますが、当会では医師や保健師が常駐しており、健診結果に於いてのお悩みやご相談等もさせていただいており効率よく健康になる為の道を一緒に探させていただきます。

ただ、自分の習慣を変える事は決して楽な事ではなく、宝くじのような一発逆転の方法もありません。でも「毎日コツコツ」を、元気になる為のコツコツに変えてみませんか?ただ結果をお渡しするだけではなく、じゃあ一緒に解決していきましょう!と寄り添えるような、そういう取組を目指しております。「予防こそ健康を守る最良の手段と信じて」橘甲会職員一同は皆様と共に歩んで参る気持ちです。

いやー、最初にこいつアホやなと思わせて、自分の自慢話をシレッと入れ、最後は綺麗に纏めるという完ぺきなブログですね!!・・・・

・・・はいっ!誰も褒めてくれないので今日はお開きにしたいと思います!

大阪で健康診断なら医療法人 橘甲会にお任せ!( `・∀・´)ノ

まだ次のテーマを決めかねております(苦笑)が次回も是非お楽しみに!!

投稿者: 医療法人橘甲会

2018.06.06更新

先日、通勤電車の中で携帯を見ながら「この人めっちゃヤバなーい?」「うわー、めっちゃイケ面やん、ヤバーい。」「なぁ、めっちゃヤバいやろ~?」という会話を耳にし、日本の未来はヤバいな、と感じた会社でヤバ目の橘甲会セブンライトです。

健康、してますかー \(´・ω・`)

とは言いつつ「お疲れ~、調子どうよ~?」「ヤバイっす。」自分もこんな会話をしてるような気がします(;・∀・) 因みに辞書によると、

〔「やば」の形容詞化。もと,盗人・香具師(やし)などの隠語〕
①身に危険が迫るさま。あぶない。 「 - ・いぞ,逃げろ」
②不都合が予想される。 「この成績では-・いな」
③若者言葉で,すごい。自身の心情が,ひどく揺さぶられている様子についていう。 「この曲,-・いよ」 〔若者言葉では「格好良い」を意味する肯定的な文脈から,「困った」を意味する否定的文脈まで,広く感動詞的に用いられる〕

となるようです。肯定、否定にも使える感動詞、という便利ワード。別に美しい日本語じゃねー、とまでは言いませんが、そんな若者の会話を聞いてよく使っている自分も反省しなきゃいけないな、と思った次第です。

閑話休題・・・

さて、糖質と向き合うシリーズもいい加減終わりにしようかと思います。と、いうのもネットで調べた事、本で調べた事等を総括している内にエビデンス(根拠)の弱い情報ばかりが飛び込んでくる事が分かりました。

例えば、糖質を制限をする事は健康になる、という考え方に対し医学界でも、

「がん細胞は栄養源としてブドウ糖を利用する為、糖質を制限する=がん細胞の栄養源を失くし増殖を防ぐ、つまりがん予防になり死亡率は低下する」という主張もあれば、

「糖質制限でケトン食(脂肪多めの食事)に切り替える事で、動脈硬化を招き、心筋梗塞や、脳梗塞が増える。低血糖こそがガンを誘発する」といった主張もあります。

これは何方の主張も独自の研究結果による結論であるのですが、複数の研究結果をもとにした研究手法「メタアナリシス」には基づいていないのです。

例えば、マウスを使った比較実験だけでの結論、ある特定の部族の食生活のみを対象にした調査等、自分達の都合の良い結論に導く為のプロセスとしての実験結果による主張が溢れているのです。お前みたいな素人が何言ってんだ?と思われるかも知れませんが、例えば白米は「糖」と同じ作用があります。その白米を政府のガイドラインに基づいて毎日食べていたら糖尿病まっしぐらの糖質を摂取する事になります。「利権」の絡みですね。

っという訳で現在最も信頼できるエビデンスに基づいて糖質についてまとめると・・・

・精製炭水化物「白炭水化物」(白米、白パン、うどん)等は、脳卒中、心筋梗塞、動脈硬化による病気リスクを高め、精製前の炭水化物「茶色炭水化物」(玄米、オーツ麦、雑穀、蕎麦)等は逆に病気リスクを下げる。

・白米と砂糖は同じ(身体に与える作用)である。従って摂取量に比例して糖尿病になるリスクが上がる、ただし、がんのリスクを上げるものではない。

・多くの果物は摂取する事で血糖値を上げる事は少なく、寧ろ糖尿病リスクを下げるが、フルーツジュース(果糖の抽出物)は確実に糖尿病リスクを上げる。

等などになります。

こん

      色々調べてる内に最終的にはこの本の内容が一番腑に落ちました。

2型糖尿病の方は糖質制限を行うべきだと思います。ただ、健康な方がダイエットをする、健康を増進する、という目的で糖質制限をする事は健康リスクが高い事が分かりました。めちゃくちゃざっくり纏めると何でも過ぎたるは良くない、という事です。例えば糖質を気にする時も、きっちり一日何g!!とか決めつけるより、晩御飯だけ白米は控えよう、等と意識するだけで変わります。バランスの良い食事、適度な運動、何より何かを我慢する事でストレスを溜める事は一番健康には悪いのかも知れませんね。

この纏めに至るまでいくつかの「こうだ!」という記事の内容があり、最終的には"バランス良く"で纏めるのかよ!というお言葉もあるかも知れません。ですが、セブンライトのモットーである「自分で試してみる」という結果、糖質を制限し過ぎた事による逆に健康被害が出た為こういった結論に達しました。色々なご意見もあるかと思いますがこれで糖質についての記事はいったん締めようと思います。勿論、まだまだ世間的にホットな話題ですのでこれからも何かあれば自分で試してまた記事にして参りたいとは考えておりますよ!!(`・ω・´)ゞ

ってな訳で長くなりましたがいつものやつで終わります~!!

大阪で健康診断なら医療法人 橘甲会にお任せ!( `・∀・´)ノ 

ここまで読んでいただき有難うござました!次回のテーマはまだ決めておりませんがお楽しみに!!m9っ`Д´) ビシッ!!

 

 

投稿者: 医療法人橘甲会

2018.05.30更新

毎度!橘甲会セブンライトです!健康!してますかー!!( ・∀・)ノ

早速ですが、先日京都にて開催された伝統ある自転車レース「美山ロードレース」に参加して参りました。

昨年は、カテゴリー2(上級者の部)にて年代別優勝を果たしましたが、今年から実業団選手となったのでカテゴリー1(登録選手の部)に出場してきました。

美山

美山名物「九鬼ヶ坂」の登りセクションでの一コマです。死にそうな顔してますねw

結果はDNF(リタイヤです)。1周10キロ、7周回70キロの公道を使ったコースでしたが、6周回完了目前であえなくリタイヤとなりました。

高校生、大学生、プロ、それに準じたレーサー達約200名が参加し、完走率50%を切るハードなレースとなりました。セブンライトは力及ばず完走できなかった訳であります。

さて、この結果を受け6月に参加資格を得ていた全日本選手権への参加を見送る事にしました。

 

トレーニングピーク

これは、毎日のトレーニングをグラフ化し、フィットネスレベル、疲労を管理するグラフです。今回出る美山ロードレースまでの目標数値があったのですが、5月前半の事故の影響で大きく下降、また焦ってレース目前に体調を崩し、目標数値には程遠い結果となったのです。もしここから全日本を目指す為のトレーニングを積むとなればライフワークバランスが崩れる事でしょう。それだと本末転倒です・・・

ただ、諦める訳ではありません。今年もう38歳になりますが、理論に基づいたトレーニングをこなしていれば身体能力上がっていく事は自分の身体が証明してくれています(めっちゃしんどいのですが・・・)次回は7月に広島で実業団レースがあるのでそこに向けて徐々にフィットネスレベルを上げていこうと思います。そんな訳でトレーニングに関する質問、ご相談等ございましたらお気軽に橘甲会セブンライトまでお問合せ下さい!(所属チームにはパラサイクル日本代表のコーチもおります)

ではでは、最後はいつものヤツで占めまーす!(`・ω・´)ゞビシッ!!

大阪で健康診断なら医療法人 橘甲会にお任せ!( `・∀・´)ノ 

ここまで読んでいただき有難うございました。次回は糖質シリーズの最終回でも記事にしたい(ホンマか!!??)と思いますのでお楽しみに!!

投稿者: 医療法人橘甲会

2018.05.15更新

5月5日・・・子供の日・・・子供のようにはしゃぎ回って自転車に乗っていたら見事車に撥ねられ吹っ飛んでいった橘甲会セブンライトです(´・ω・`)

健康、してますかー(´・ω・`)ショボーン

いやー、こいのぼりじゃないですが、久々に宙を舞いました~。不幸中の幸いなのは、外見上全く事故したように見えなかった事です(苦笑)あれから1週間ちょっと・・・擦過傷の傷はほとんど癒えたものの、首と腰がずどーんと重いです(;´Д`)健康になる為に適度な運動は良いのですが熱くなりすぎたらあきません・・・皆様もどうかお気をつけて下さいましね・・・(´Д⊂ヽ

閑話休題・・・

さて、前回セブンライトは極端で間違った糖質制限の果てに倒れてしまったお話をしました。今日は糖質制限をすべき人、そうでない人についてお話して参ります。

ご一読いただけましたら幸いです・・・(m´・ω・`)m

「あんたみたいに毎日激しく運動する人間は糖質なんか気にせんでええんや。」
倒れた翌日に先生から言われました(;´∀`)先生曰く、糖質制限は糖尿病患者等が行うものであり、健常者が実行するにはリスクが高いものである、と。また、激しい運動を日常的に行っている人には間違ってもオススメはしないとの事でした。

西﨑先生

まさに健康番長!初代理事長西﨑宏先生!仕事も遊びもバリバリの現役!当会スタッフの誰もが憧れるカッコイイ生き方の先生なんです。

糖質制限をした場合に体内ではどういった事が起きるのかのおさらいですが、糖エネルギーが不足すると、脳や筋肉の活動を維持する為体内でケトン体という代謝物が生成されます。ケトン体は脂肪に蓄えられた中性脂肪が分解されて生成されるため体重減少に繋がる(その生成過程にもエネルギーを要する)というメカニズムとなるのです。そもそも糖質とは即効性、爆発力のあるエネルギー源であり、最大心拍に迫るような運動をした場合はケトン体エネルギーでは補えず、筋肉を分解してブドウ糖の合成に使われます。と、いう事はセブンライトは身体を強くする為にトレーニングをしていたにも関わらず、エネルギーが足りず逆に弱くなっていった、という本末転倒な事をしていたのですね~・・・。

「体重を減らす」という事に関して言うならば、糖質制限(ファスティングも)は即効性があって必ず効果がある、というのは多くの専門家の一致した見解です。ただし「体重が減る」事と「健康になる」というのは=(イコール)ではありません。因みにこれは糖質制限そのものを否定している訳ではないのです。次回は是非を問うのではなく、糖質制限について世間や医学界では今どのような事が囁かれているのか?そのあたりを記事にしてみたいと思います。

ってな訳で今日はここまで!!いつもの宣伝!いきまーーーーーーーす!

大阪で健康診断なら医療法人 橘甲会にお任せ!( `・∀・´)ノ シクヨロー

ここまで読んでいただき有難うございました!次回も是非お楽しみに~!!!

投稿者: 医療法人橘甲会

2018.04.27更新

お取引先様各位

拝啓

春暖の候、ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。平素の格段のお引き立て、当会スタッフ一同深く感謝いたします。

さて、本年度のゴールデンウィークにつきましては、誠に勝手ではございますが当会では下記の通り休業させていただきますのでお知らせ申し上げます。
休業中は何かとご迷惑をおかけすることとは存じますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
※期間中いただいたお問い合わせは、順次対応させていただきます。

敬具

4月28日(土)~4月30日(月) 休業

5月1日(火)2日(水) 平常通り営業

5月3日(木)~5月6日(日)休業

以上

医療法人 橘甲会

投稿者: 医療法人橘甲会

2018.04.18更新

最近買ったばかりのスーツパンツを履いて出勤した所、スペアのボタンの入った袋が後ろのポケットから出っぱなしだったにも関わらず、社内で誰にも突っ込んで貰えなかった橘甲会セブンライトです・・・Orz

健康・・・してますかーーー・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

いや・・・ほら・・・別にさ・・・ボッちって訳じゃないさ・・・。

きっと・・・きっと!!!(`;ω;´)モワッ  閑話休題・・・

さて、そんなボッち気味のセブンライトですが、前回記事で糖質制限し過ぎて気を失ったという事案を報告しました。今回はそれが何故起こったのかについて記事にしてみました。

ご一読いただけたら幸いです・・・

先日セブンライトが気を失って倒れる前にこんな症状を体感してました。

・何故か汗が大量に出始める。

・電車が止まっているにも関わらず、左右に揺れていた。

・気分が悪くなり、嘔吐しそうになる。

・指先が震えて立ってる事が出来なくなった。 → 倒れる。

最初は悪いものでも食べたのか?と思っていましたが後から調べるとこれは典型的な低血糖の症状だったようです・・・

そんな事が起こる背景として、段階的な低糖質食を実践して(いたつもり)おり、ここ最近は一日当たりの糖質を40~60g前後にしておりました。にも関わらず、早朝夜間問わず1000カロリー前後の運動を毎日行っていた為エネルギー不足に陥ってたのです。2月から制限食を始めて、3月の上旬には身体に異変として運動直後に身体が攣ってしまう、という事が起こってました。

~じゃあ糖質はいくら不足していたのか?~

結論から言うと、身体能力向上の為の運動習慣がある方はリカバリーの為に一日約自分の体重×6g~10g程度必要なのです。セブンライトは約70キロあるので必要量は420g~700gにもなるというのに全然足りてませんよね。それが原因で脚攣りの症状等で異変が起き始め、2ヶ月経つ頃には完璧なエネルギー不足に陥ってました。糖質の必要量に関しては1月記事で触れていたにも関わらず、効果に速攻性のある糖質制限を妄信しすぎて失敗してしまった・・・という次第です。雪風白め

ぎゃぁぁぁ!!気絶してるぅぅぅっっっ!!!!なんだ・・・只の寝顔か・・・(;・∀・)

では、セブンライトの行った糖質制限は何が間違っていたのでしょうか?次回はその当たりのお話をして参りたいと思います!

そんな訳でいつもアレで締めますね~♪

大阪で健康診断なら医療法人 橘甲会にお任せ!( `・∀・´)ノ シクヨロー

ここまで読んでいただき有難うございました!次回も是非お楽しみに~!!!

 

投稿者: 医療法人橘甲会

前へ 前へ
  • 予防医学事業中央会
  • 医院ブログ
  • 医療法人橘甲会 さのこどもクリニック
  • tel_spimg.png
  • メールでのお問い合わせ