橘甲会ブログ

2017.11.16更新

毎年ボジョレーヌーボーの季節になるとその味よりも「キャッチコピー」の方が気になって仕方がない橘甲会セブンライトです。

健康してますかーーーー!!!( ・∀・)ノ

昔、セブンライトは関西国際空港で働いてた事があり、毎年ボジョレー解禁日はテレビクルーが大量に押し寄せてきたのはいい思い出です。そして、それほどみんなが楽しみに待っているボジョレーには毎年キャッチコピーが付けられます。では、そんなボジョレーのキャッチコピーを2000年から振返ってみましょう。

2000 「出来は上々で申し分の無い仕上がり」

2001 「ここ10年で最高」

2002 「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」
2003 「100年に1度の出来、近年にない良い出来」
2004 「香りが強く中々の出来栄え」
2005 「ここ数年で最高」
2006 「昨年同様良い出来栄え」
2007 「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
2008 「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
2009 「50年に1度の出来栄え」
2010 「2009年と同等の出来」
2011 「2009年より果実味に富んだリッチなワイン」
2012 「ボジョレー史上最悪の不作」
2013 「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
2014 「2009年の50年に一度のできを超える味わい」
2015 「今世紀で最高の出来」
2016 「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい 」

どの年も必死さが伝わってきます(;^ω^)

一体どの年のボジョレーが美味しいんだ?皆様のツッコミはごもっともだと思います。と、いう訳で今回はこのキャッチコピーから一番美味いボジョレーの年について検証してみたいと思います。お前一体何言ってんだ?というツッコミはノーサンキュです。

文字数多めなので、必ずお暇な時にご一読いただけましたら幸いです(笑)

ボジョレー

 各年代のキャッチコピーの中で、赤い文字の年は相対的に美味さを表現しているので色を変えてみました。味の説明はあくまでボジョレーの「個性」を述べているだけであって「美味しさ」の順番を決めるには適していないので除外します。

 では先ず、2001年は、1991年~2000年迄で最高の出来(因みに1999年は10年に一度、翌2000年は「昨年より良い」となっていますw)です。

 でも、翌2002年は、その2001年を上回る出来栄えという事になります。

 しかし、翌2003年は100年に1度の出来栄えとなっております。つまり1903年~2002年迄で最強ボジョレーの誕生となります!おおっ!チャンピョンですね!!!

 されど、2005年には「ここ数年で一番!」が出ます。数年という解釈は難しいですが2年前程度は数年に値するでしょう。つまり、2003年の「100年に一度」を速攻で超えてきました。2005年が最強の座を奪います!そして、その翌2006年はそんな最強ボジョレーに「同様」の出来栄えという事です。「同様」なので、ここは敢えて痛み分け・・・同率1位としましょう。

 さて、ここからが少し難しい・・・。2009年に「50年に~」と評価されます。この「50年」に2005年が入っているかどうかが論点となるでしょう。セブンライトは「入っていない」と解釈します。何故ならもし含むのであれば「ここ50年で最高」という表現にすればよいからです。つまり2009年は50年以上100年未満の味となる為、2003年の100年に一度のボジョレーには負けている事になります。

 また、ややこしくなるのはここからで、2010年は50年に一度の出来である2009年と同等。2011年は、2009年「より」果実味に富んだリッチなワイン。2014年には、2009年の50年に一度の出来を超えるとなります。ここのランキング付で重要なのは、2011年を2009年より上にするか下にするかです。ただ、50年に一度のワイン「より」果実味に富みリッチ、という事は味に広がりがあるという事で2011年は敢えて2009年より上にしましょう。そうすると2009年をベンチマークとしたランキングで言うと、2014 〉2011〉2010=2009となります。

 どっこい、ここで最後に大どんでん返しがあります。なんと2015年は「今世紀で最高の出来」というではありませんか!?今世紀とは2001年から2100年を指します。つまりいままで散々検証してきたヌーボの中で最強と目される「100年に一度の味」を「その100年の味を含む、数年に一度の味」で超えてきた2005年、2006年をも超えてしまいました・・・最早その味は100年程度では語れません!

 なんという事でしょう・・・今世紀というからにはこの先何十年と抜かれる事はないであろう、恐ろしいボジョレー爆誕の年ではありませんか・・・(´・ω・)いやー、皆様歴史的証人となれて良かったですね(棒読み)

それではこれらの検証をした結果のランキングを見て参りましょう。

2015年〉2005年=2006年〉2003年〉2014年〉2011年〉2010=2009〉2002年〉2001年

如何でしたでしょうか?ボジョレーを毎年飲まれている方はこのランキングに当てはまりましたか?因みにワインには、ブドウの栄養素をそのまま含んでおります。多くのミネラル、ビタミン、ポリフェノール、が含まれており、体内の抗酸化作用、血圧降下、殺菌作用、抗ガン作用等、多くの効果 が期待されます。

っと、ほんの少しそれっぽい話をした所で今日はお開きでーす♪

 

・・・

・・・・

え・・・?ほとんど健康の話とかしてないやん?って?

まっ・・・ええやん・・・(´・ω・`)

んじゃま!大阪で健康診断なら医療法人 橘甲会にお任せ!( `・∀・´)ノヘヘヘーイ

では、次回はちゃんと糖質についての話で更新します!お楽しみに!!!

 

 

投稿者: 医療法人橘甲会

  • 予防医学事業中央会
  • 医院ブログ
  • 医療法人橘甲会 さのこどもクリニック
  • tel_spimg.png
  • メールでのお問い合わせ