橘甲会ブログ

2016.09.23更新

今月発売の自転車雑誌に掲載された橘甲会セブンライトです♪

健康!してますかーーーーー!´ω`)ノ

写真と名前だけですが、ライジング出版様発行の「バイシクル21」という自転車雑誌に掲載されておりました。ほんの少しですが、こうして評価して頂ける事は有難いものです。これを糧にまた頑張って(仕事もちゃーーんと頑張ります(´・ω・`))参りますので応援等もいただければ幸いです! ( ´Д`)ノ

・・・閑話休題。

さて、先日私の家に置き薬の営業さんがやって参りました。常備薬として風邪薬、胃薬などを置いているのですが、その際「スポーツをされてるならコエンザイムQ10は如何ですか?」とススメられました。ん?なんでコエンザイムQ10?セブンライトのイメージではコエンザイムQ10はアンチエイジングのサプリメントとしてのイメージがあり、スポーツ関係ないんじゃないの?と思ったのでその旨を伝えると、「疲労回復に抜群の効果があるんですよ~。」との事・・・


コエンザイムのQ1~9までってどうなっているんだろう?とか思うのは野暮でしょうか?

・・・うーん・・・ほんまかいな(´ε`;)聞いたこともないし怪しいので結構ですという事でその場はお断りしましたがなんだか気になります。と、いう事で今回のテーマ「コエンザイムQ10」について調べていきたいと思いますのでよろしくお付き合い下さいませ!!

大阪で健康診断なら医療法人 橘甲会にお任せ!( `・∀・´)ノ

ご一読いただき有難うございました!次回からも是非お楽しみに!!

投稿者: 医療法人橘甲会

2016.09.16更新

今年のシルバーウィークは全然恩恵を感じないわー・・・と思っているのは私だけではい筈だっ!!m9っ`Д´) ビシッ!! っと思っている橘甲会セブンライトです。

健康してますかーーーー!!( ・∀・)ノ

さて、今回も非常に私事の記事ですが、ご一読いただければ幸いです・・・。


先日、奈良県上北山村で行われた「ヒルクライム大台ケ原」というイベントに出る方の応援に行ってまいりました。


秘境です!山ばっかりです!でも村人はとても温かく、本当に良いトコロですよ♪


その模様はコチラ
(公式 2016ヒルクライム大台ケ原)
https://www.youtube.com/watch?v=4BaJRRjuvco


その人は病を克服し、何年かぶりに出場できるまで頑張ってきた方でした。SNSの発展のお陰で連絡は取り合ってましたが、今回ビックリさせようと応援に行ってきたのです。

その人が来るまで何人もの選手がセブンライトの前を一生懸命走り、私もついつい必死に応援しておりました。そしてその人が来ました。私の姿を見るやとびっきりの笑顔で応えてくれたのです。声の限り「頑張れ!ファイト!!」と言いました。

「応援有難う!すごいパワー貰えたよ。本当に有難う。」

後日、お礼をいただいたのですが、セブンライトはその日の帰路、応援し続けた筈なのに逆に身体はエネルギーが満ちていて元気に走って帰る事が出来ました。

そっか、本気の「頑張れ!」って新鮮なエネルギーの交換になってんだ・・・そう思いました。

スポーツに限った事ではなく、職場でも、家庭でも、普段何気なくしている事、して貰っている事、きちんと一つ一つ見つめれば「有難う」や「頑張れ!」と言える事が多いのだと思います。自分自身と、目の前に居る人を認め、応援し合う事って一つの健康方法なんじゃないのかな、そんな風にふと思った橘甲会セブンライトなのでした(;^ω^)

・・・こんな感じで次回のテーマを見つけるまで私事に偏重した内容が続くかと思います。何か、こんな事調べてくれ!みたいな事がありましたら調べますのでよろしくお願い致します!

では、締めますね♪

大阪で健康診断なら医療法人 橘甲会にお任せ!( `・∀・´)ノ

ご一読いただき、本当に有難うございました!!


投稿者: 医療法人橘甲会

2016.09.08更新

ちょっと無理して脚が長く見えるスーツを購入したものの、一ヶ月も経たずしてしゃがんでおしりの部分から真っ二つに引き裂いた橘甲会セブンライトです!

健康してますかーーーー!!( ・∀・)ノ

 いやー、避けたズボンを自分で縫っててみたんですが、無理っす・・・(´・ω・`)ショボーン 修理屋さんに持っていったのですが「ここまで酷いと修復は無理だよー。」と言われ、自分の脚の長さとは真摯に向き合おうと心に決めたのでした・・・・゚・(つД`)・゚・ 

閑話休題・・・・

 さて、今回はカフェイン記事のまとめです。まとめ記事はぶっちゃけ今迄の記事は長いから面倒!とお悩みの方も必見!箇条書きで簡潔にまとめます。話題のおさらいという意味でもご一読いただけましたら幸いです・・・

 セブンライトが調べたカフェインについて・・・

カフェインとは天然由来の有機化合物の一種である。

・摂取により神経を刺激し、「覚醒」「興奮」「解熱鎮痛」「強心」「利尿」等の作用があり薬にも用いられている。

・神経を刺激するので常用すると「不眠症」「頭痛」の原因ともなる。

・カフェインには「依存性」があり「中毒症状」がある。

・コーヒー、エナジードリンク、玉露等に多く含まれている。(玉露には反作用の「テアニン」も多く含まれている。)

・カフェインに対して日本を始め、多くの国で摂取基準は設定されていない

・ただし、妊娠状態の女性には200mm以下が望ましいとし、胎児への健康リスクが高まると注意を促している団体もある。

体重1kgあたり6.5mgを超えて一気に摂取した場合急性中毒症状を起こす可能性が高く、最悪の場合死に至る場合もある。

如何でしたでしょうか?

その他細かなデータや話題については過去記事をご参考になさって下さいませ。
身近なカフェイン摂り過ぎ注意?! その1
身近なカフェイン摂り過ぎ注意?! その2
身近なカフェイン摂り過ぎ注意?! その3
身近なカフェイン摂り過ぎ注意?! その4

コーヒーやエナジードリンクが悪いという事ではありません。今までの記事で話題にした事も全部そうですが過度はいけません、という事ですね。

では、今回の記事はこれまで!次回はまた別のテーマで記事を書きたいと思います。だれも興味ないでしょうが、ウエイトトレーニングについて等無理やり健康に結びつけて書いてみようかな・・・(/ω・\)チラッ

という戯れを置いといて締めますね!!


大阪で健康診断なら医療法人 橘甲会にお任せ!( `・∀・´)ノ

以上、橘甲会セブンライトでした!ここまで目を通していただき有難うございました!!

投稿者: 医療法人橘甲会

2016.09.01更新

今日は疲れてるので出かけるのに電動付自転車を使ってやれと思ったらバッテリーが入ってない事に後で気付いて余計に疲れた、橘甲会セブンライトです。

健康してますかーーーーー!!!( ・∀・)ノ

いやー、自転車を趣味としていますので、会社の電動付き自転車には乗らないぞ!と決めていたにも関わらず魔が差したらこのざまです・・・。ポシリーは曲げたらいけませんね(;´Д`)


閑話休題・・・・


さて、前回の記事で身近な飲料のカフェイン含有量についてお話しましたね。今回は摂取基準等についてお話ししたいと思います。

現在、食品中のカフェインについては、一日摂取許容量(ADI)のような健康への悪影響がないと推定される摂取量は設定されていないようなのです。ただし、WHO(世界保健機構)やAGES(オーストラリア食品安全局)FAS(英国食品安全庁)等では、妊婦に対して摂取量の助言を公表しており、胎児への影響として低体重となり将来の健康リスクに繋がるとし、カフェイン200mm(マグカップで2杯分程度)以下が望ましいとしています。また、高濃度のカフェインを摂取することで自然流産を引き起こすリスクが高くなるとも発表しています


       健康な赤ちゃんの為に・・・
  コーヒー愛飲家の方はこの時期デカフェで楽しむのも一つですね。


日本にもカフェインの摂取基準はありません。ただし、一般的に急性中毒症状は1時間以内に6.5mg/kg以上の摂取で約半数の人に、3時間以内に17mg/kg以上の摂取でほぼ全員に起きるといわれています。体重50kgの人なら1時間に325mg、3時間に850mgが危険量となります。前の記事でも書きましたが、エナジードリンクをジュースのように何本も飲んだり、眠気を覚ましたいが為にカフェインのタブレットをいくつも摂るのは本当に危険なのです。

おさらいになりますが、カフェインは中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症で、消化管系の興奮状態は下痢、吐き気をもたらすことがあります。また、長期的な影響としては、肝機能が低下している場合、コーヒーの摂取と関連する高血圧リスクが高くなる可能性がある方もおられるという事、特にカルシウム摂取量が少ない方がカフェインを摂取した場合、カルシウムの体内からの排出率を増やし、骨粗しょう症の発症のリスクが高まる可能性があるのです。

如何でしたでしょうか?日本人は欧米人に比べアルコールに弱いがカフェインには強い傾向があるようです。向こうでは健康上の理由からカフェインを敬遠する人も少なくなく、
デカフェ(decaf [díːkæ̀f] (ディーキャフ)、decaffeinatedの略)としてコーヒーからカフェインを取り除く処理をしたものを好んで飲まれる方も多いようです。日本でも最近カフェインレスコーヒーの種類も増えてきており、私見ですが香りも味も普通のコーヒーと遜色ないように思います。

如何でしたでしょうか?では、次回はカフェインについてのまとめ記事でこの話題を締めさせていただきます!

大阪で健康診断なら医療法人 橘甲会にお任せ!( `・∀・´)ノ

以上、橘甲会セブンライトでした。
ここまで目を通していただき有難うございました!!


投稿者: 医療法人橘甲会

  • 予防医学事業中央会
  • 医院ブログ
  • 医療法人橘甲会 さのこどもクリニック
  • tel_spimg.png
  • メールでのお問い合わせ