橘甲会ブログ

2018.05.15更新

5月5日・・・子供の日・・・子供のようにはしゃぎ回って自転車に乗っていたら見事車に撥ねられ吹っ飛んでいった橘甲会セブンライトです(´・ω・`)

健康、してますかー(´・ω・`)ショボーン

いやー、こいのぼりじゃないですが、久々に宙を舞いました~。不幸中の幸いなのは、外見上全く事故したように見えなかった事です(苦笑)あれから1週間ちょっと・・・擦過傷の傷はほとんど癒えたものの、首と腰がずどーんと重いです(;´Д`)健康になる為に適度な運動は良いのですが熱くなりすぎたらあきません・・・皆様もどうかお気をつけて下さいましね・・・(´Д⊂ヽ

閑話休題・・・

さて、前回セブンライトは極端で間違った糖質制限の果てに倒れてしまったお話をしました。今日は糖質制限をすべき人、そうでない人についてお話して参ります。

ご一読いただけましたら幸いです・・・(m´・ω・`)m

「あんたみたいに毎日激しく運動する人間は糖質なんか気にせんでええんや。」
倒れた翌日に先生から言われました(;´∀`)先生曰く、糖質制限は糖尿病患者等が行うものであり、健常者が実行するにはリスクが高いものである、と。また、激しい運動を日常的に行っている人には間違ってもオススメはしないとの事でした。

西﨑先生

まさに健康番長!初代理事長西﨑宏先生!仕事も遊びもバリバリの現役!当会スタッフの誰もが憧れるカッコイイ生き方の先生なんです。

糖質制限をした場合に体内ではどういった事が起きるのかのおさらいですが、糖エネルギーが不足すると、脳や筋肉の活動を維持する為体内でケトン体という代謝物が生成されます。ケトン体は脂肪に蓄えられた中性脂肪が分解されて生成されるため体重減少に繋がる(その生成過程にもエネルギーを要する)というメカニズムとなるのです。そもそも糖質とは即効性、爆発力のあるエネルギー源であり、最大心拍に迫るような運動をした場合はケトン体エネルギーでは補えず、筋肉を分解してブドウ糖の合成に使われます。と、いう事はセブンライトは身体を強くする為にトレーニングをしていたにも関わらず、エネルギーが足りず逆に弱くなっていった、という本末転倒な事をしていたのですね~・・・。

「体重を減らす」という事に関して言うならば、糖質制限(ファスティングも)は即効性があって必ず効果がある、というのは多くの専門家の一致した見解です。ただし「体重が減る」事と「健康になる」というのは=(イコール)ではありません。因みにこれは糖質制限そのものを否定している訳ではないのです。次回は是非を問うのではなく、糖質制限について世間や医学界では今どのような事が囁かれているのか?そのあたりを記事にしてみたいと思います。

ってな訳で今日はここまで!!いつもの宣伝!いきまーーーーーーーす!

大阪で健康診断なら医療法人 橘甲会にお任せ!( `・∀・´)ノ シクヨロー

ここまで読んでいただき有難うございました!次回も是非お楽しみに~!!!

投稿者: 医療法人橘甲会

  • 予防医学事業中央会
  • 医院ブログ
  • 医療法人橘甲会 さのこどもクリニック
  • tel_spimg.png
  • メールでのお問い合わせ